仏壇の一流トップ > 仏壇の産地事典 > 徳島仏壇

徳島仏壇

オリジナル性の高い高級唐木仏壇の製造では群を抜いた産地
徳島仏壇とは、徳島県徳島市で生産される唐木仏壇のこと。徳島は唐木仏壇の産地としては全国随一であり、高い技術で作られた高級唐木仏壇が製造されています。

特徴

徳島は、唐木仏壇の製造では全国一位の生産量を誇っています。木目の美しさを生かしたデザインが特徴で、高価高級な木材、黒檀、紫檀、鉄刀木、本欅、上桜、楡、屋久杉、槐などが使用されています。徳島産地の高級品メーカーの技術は高く、オリジナル性の高い高級唐木仏壇の製造では群を抜いた産地となっています。

歴史

徳島仏壇の起源は、藩政時代に徳島県産の椎・樫・桑・栗等で作ったのがはじまりであるといわれています。黒檀・紫檀・鉄刀木などを材料とした唐木仏壇が作られ始めたのは大正時代に入ってからのこと。1925年(大正14年)、当時我が国最大の仏壇仏具問屋であった名古屋の岡谷鋼機仏具部が、徳島のフジモトに仏壇を発注し、1本を満州に輸出したとの記録があります。徳島はもともと家具・鏡台の一大産地であり、仏壇の材料が豊富で木工技術も確かなものを持っていました。また、戦後になると、江戸時代からの歴史を持つ大阪から技術が伝わり、徳島仏壇の発展の基礎となりました。主な産地は徳島市を中心としてその周辺に及んでいます。徳島は唐木仏壇・経机・仏具の生産高が全国一の産地となっています。

仏壇の産地一覧

いい仏壇

ページトップへ