仏壇の一流トップ > 仏壇の産地事典 > 静岡仏壇

静岡仏壇

戦後、躍進を遂げた唐木仏壇の一大産地
静岡仏壇とは、静岡県静岡市を中心とする地域で製作される唐木仏壇のこと。大衆向けの中級品が主流ですが、近年では高級品も製造されています。

特徴

静岡仏壇は、唐木仏壇を中心に、正宗用から八宗用、産地的には各産地の仏壇の特徴を持った様々な仏壇が造られています。静岡仏壇の主流は大衆向けの唐木の中級品です。静岡産地は、関東でもっとも需要の多い上置仏壇・ダルマなどを得意としていますが、近年では商品の多様化をはかり高級仏壇も製造されるようになりました。

歴史

静岡はもともと、鏡台や塗り下駄、家具などで全国に名の通った産地でした。仏壇製造が本格化したのは昭和30年代半ばからのことです。きっかけは、1940年代に中井沢武一氏が、針箱の木地屋から仏壇製造販売に乗り出したのが始まりとされています。そして、1940年代後半、創価学会の急激な大発展によって正宗仏壇の需要が高まる中、静岡は唐木仏壇の産地として一大躍進を遂げました。

仏壇の産地一覧

いい仏壇

ページトップへ