仏壇の一流トップ > 仏壇の産地事典 > 大阪唐木仏壇

大阪唐木仏壇

唐木の堅牢さと銘木の木材の美しさを生かした銘木仏壇
大阪府内で製造される唐木仏壇のこと。紫檀、黒檀、花梨などの唐木や、桑、杉、桜などの素材を用いた仏壇で、唐木の堅牢さと銘木の木材の美しさを生かした漆のふき仕上げが特徴です。大阪府知事の伝統工芸品の指定を受けています。

特徴

大阪唐木仏壇の特徴は、仏壇内部が三方金であること、両脇の金紙(金箔)が板ガラスによって保護されていること、胴板が桟木によって固定されており桟木をはずすと胴板の取り外しが自由になることなどが挙げられます。しかしながら、現在では様々なスタイルの仏壇が製造されています。大阪唐木仏壇は、唐木材特有の堅牢さ、木目の美しさ、仕上がりの重厚さから、高い評価を受けています。

歴史

大阪仏壇の起源は、江戸時代初期、寺請制度などにより仏壇を持つ家が増え、船場の指物師が杉・松・檜などの材料を使い庶民向けの簡易な戸棚仏壇を作ったのがはじまりとされています。また、江戸中期になると、大阪には東南アジアから紫檀・黒檀・花梨材などの唐木材料が輸入されるようになり指物技術も発達していきました。江戸後期には唐木・桑・桜・欅などの素材で、寺院様式や漆塗金仏壇を模した扉付き仏壇が大阪で作り出され、明治に至りこの種の仏壇が大阪唐木仏壇と呼ばれるようになりました。大阪は人口が多い消費地であることから戦前戦後を通して唐木仏壇の産地であり、その伝統は今に至るまで伝えられています。

仏壇の産地一覧

いい仏壇

ページトップへ