仏壇の一流トップ > 仏壇の産地事典 > 美川仏壇

美川仏壇

「研ぎ出し」「堆黒」の技法を用いた堅牢で荘厳華麗な仏壇
美川仏壇は、石川県石川郡美川町で製造される仏壇のことをいいます。堅牢で荘厳華麗な仏壇で、石川で最も長い歴史を誇ります。また、他の地域には例を見ない「研ぎ出し」「堆黒」といった技術により高い評価を受けており、石川県知事が指定する伝統工芸品に指定されています。

特徴

美川仏壇の特徴は、堅牢で荘厳華麗なこと。具体的に言えば、合板は使わず、吹きつけの塗料も用いない。金具は手彫り、柱の根元に朱塗りのソロバン玉、来迎柱や須弥壇に堆黒を用いるといった特色があります。すべての工程は、地場の職人による手造りで造られており、手造りならではの「研ぎ出し」が多用されています。また、漆と膠を混ぜたのを砥の粉と混ぜ、薄く延ばして型押しで模様をつけ、切って漆で貼りつけ、その上へ更に漆を塗って金箔を押す「堆黒」という技法は全国でもここだけのものです。本体及び内部装飾品類は、すべて釘を使わない「ほぞ組み」であるため、分解・組み立て・すす洗いが簡単に行なえます。塗りも化学塗料は使用せず、すべて漆で手塗りにより仕上げられています。

歴史

美川仏壇は、室町時代、応仁の乱の頃、小松長吉という人物が最初に製造したといわれています。当時、戦乱を避けて京の都から流入してきた人々の中に仏壇造りの職人も多く含まれており、小松長吉もその一人であったのでしょう。その後、江戸時代に六代目・小松長次がその声価を高めました。そして、寛政年間には漆絵の名師、湊屋村次郎が現れ、伝統工芸として希少価値が高い堆黒と漆絵を考案し、美川仏壇を一躍有名にしました。
石川県には美川仏壇の他に、金沢仏壇、七尾仏壇と伝産法の指定を受けている産地が2ヵ所ありますが、歴史的には美川仏壇が一番古いとされています。

仏壇の産地一覧

いい仏壇

ページトップへ