仏壇の一流トップ > 仏壇の産地事典 > 三河仏壇

三河仏壇

「うねり長押」が特徴。豪華なうえに堅牢で扱いやすい仏壇
三河仏壇は、愛知県三河地区で作られている仏壇。元禄年間より製造された300年の歴史を誇る仏壇で、八職と呼ばれる各専門職人により技術が長年継承されてきました。三河仏壇は、豪華なうえに堅牢で扱いやすいと評されています。

特徴

三河仏壇の最大の特徴は、長押の中央部分をゆるやかなカーブを描いて上に広げた「うねり長押」です。これは、仏壇を押入れに安置する習慣があったため、押入れに合わせて台を低くする必要があったため生まれた形です。また、精密な彫刻も特徴のひとつで、中障子には「花子彫」が彫られ、浮き出しの錺金具、泥盛蒔絵などの精巧な技法が盛り込まれています。三河仏壇の制作は、一人一職一芸で、木地・宮殿・彫刻・金具・漆塗・蒔絵・箔押・組立の八職の専門家により長年継承・改善された技法を駆使して作られています。

歴史

三河仏壇の始まりは、江戸時代中期に遡ります。矢作川の水運を利用して得られるマツやスギ、ヒノキなどの良材と三河北部の猿投山麓で採れた漆を材料として仏壇が作られたのが始まりだと言われています。その後、江戸時代における仏教の普及を背景に、藩の保護と庶民の信仰心に支えられ、岡崎市内はもとより三河を中心とした地域で、仏壇作りをする人が増え、現在の三河仏壇の産地が形作られました。

仏壇の産地一覧

いい仏壇

ページトップへ