仏壇の一流トップ > 仏壇の産地事典 > 京仏壇

京仏壇

優れた品質と格調の高さを誇る美術工芸品
京仏壇は、京都府京都市を中心として製造される金仏壇のことを言います。
京仏壇は、箔押し、錺金具、漆、蒔絵など、細部に渡る技術の高さが特長です。最高の素材を使い、全て職人の手作りによって製造されている京仏壇は、各宗派の総本山の本堂の様子を忠実に再現小型化した精緻な工芸品として高い格調と精神性を誇っています。

特徴

現在に至るまで、京都は常に仏壇・仏具の中心地でした。京都では寺院用、家庭用を問わず、木製品、金属製品をはじめ、法衣、念珠、香具、表具等、仏具に関するすべてのものが作られています。京都には各宗派の本山が多く、伝統的に各宗派の法式にかなった仏壇仏具が作られています。また、京仏壇・京仏具はその品質の高さでもよく知られています。「職」と「技」が長い歴史の中で専門分化されてきたため、優れた品質が維持されており、仏都京の伝統にはぐくまれてきた美術工芸的な京仏壇・京仏具の意匠と品質は全国並びに海外までも高く評価されています。

歴史

京都における仏具の製造のはじまりは8世紀頃と推定されていますが、本格的な製造は、11世紀初頭、仏師定朝が、鋳物師、鍛冶、金銀細工師などの集住地であった七条に「仏所」を設け、仏工を集めてからであると考えられています。江戸時代の初めになると、宗門改め制度によって各家庭に仏壇を安置するようになったため仏壇の需要が増加し、生産も本格化していきました。京都は仏教文化の都でもあり、市内の至る所に各宗派、大小様々な寺院が存在しています。こうした多数の寺院と各家庭の需要に応えながら京仏壇・京仏具は発展してきました。

仏壇の産地一覧

いい仏壇

ページトップへ