仏壇の一流トップ > 仏壇の産地事典 > 広島仏壇

広島仏壇

豪華な高蒔絵と塗りの技術に優れた優雅な美しさのある仏壇
広島仏壇は、広島県広島市で生産される仏壇です。砥粉と膠で練った材料で高く盛る「高蒔絵技法」と、塗の技術における「立て塗」の技法、金箔押しや欄間の技術が優れており、優雅な美しさのある仏壇として知られています。

特徴

広島仏壇の特徴は、蒔絵と漆塗りです。砥粉と膠で練り合わせたものを厚く盛り、豪華な高蒔絵を作り出しています。また、漆塗りにおいては「立て塗り」の技法が取り入れられています。「広島仏壇」の生産工程は、木地、狭間、宮殿、須弥壇、錺金具、漆塗・金箔押、蒔絵と大きく7つの工程に分かれています。それぞれの工程は、「宮殿(くうでん)師」、「須弥壇(しゅみだん)」師」、「狭間(さま)師」、「木地(きじ)師」、「錺金具(かざりかなぐ)師」、「塗(ぬ)師」、「蒔絵(まきえ)師」といった専門の職人によって分業されており、彼ら「七匠(ななしょう)」と呼ばれる匠たちの技が合わさって広島仏壇が造られています。

歴史

広島は浄土真宗が盛んな土地であり、古くから安芸門徒を対象とした仏壇製造が盛んでした。広島仏壇の技術が発展したきっかけは、1619年(元和5年)に浅野長晟が紀州から広島に転封されたこと。彼に随従した漆工職人たちの高度な技と技術が加わり、さらに、1716年(享保元年)、僧、敦高が京都、大阪から仏壇仏具の技術を持ち帰ったことで、広島仏壇の技術は確立されたといわれています。
その後、明治時代になると広島仏壇は全国の博覧会で紹介され、県外にも出荷されるようになりました。瀬戸内海海運の便の良さという立地条件にも恵まれた広島は、大正末期には全国一の仏壇生産地になりました。
大戦時、広島は原爆の被害を受けましたが、生き残った技術者により広島仏壇は復興され、1978(昭和53)年には、「伝統的工芸品」に指定されています。

仏壇の産地一覧

いい仏壇

ページトップへ