仏壇の一流トップ > 仏壇の産地事典 > 福井仏壇

福井仏壇

多様な技法が用いられた日本有数の大型仏壇
福井仏壇とは、福井県福井市・武生市・鯖江市・大野市を中心として製造される仏壇です。金具を多様し、金虫喰研ぎ、錆盛蒔絵など高度な技術が用いられた豪華な仏壇で、1間から1間半の仏間が多く、日本有数の大型仏壇としても知られています。福井仏壇は福井県の伝統工芸品に指定されています。

特徴

福井仏壇の代表的な形は3尺以上の三方開きで、弓長押のものです。形式としては大阪型金仏壇との共通点もありますが、福井仏壇は支輪(ちりふた)や大戸(戸板)枠に金具を多用し、仕上げも金虫喰研ぎ、錆盛蒔絵など高度な技術を取り入れられていることが大きな特色となっています。また、福井仏壇は他産地の同じ代の仏壇と比較した場合、サイズが一回り大きいのも特徴です。彫刻は欄間に箔押しのものを使用し、障子下腰・中腰・枠回りには白木のものが使用されます。材質としては、杉・檜・ヒバを使い、最高級のものには青森ヒバが使用されます。

歴史

福井仏壇が造られはじめたのは、江戸時代後期からだと推定され、福井市内には江戸時代を創業時期とする仏壇店があります。

仏壇の産地一覧

いい仏壇

ページトップへ