仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > 欅

欅(ケヤキ)

木目の美しさで知られる我が国随一の良材
欅は木目の美しさで知られる世界屈指の銘木です。我が国の広葉樹の中でも第一の良材として知られ、古くから建築材、家具材、建具材、造作材として幅広く使用されてきました。特に寺社仏閣に重用されたり、農家の大黒柱としても用いられていましたが、現在では高価となり、なかなか庶民の住宅には使えなくなってきています。 ニレ科ケヤキ属の落葉広葉樹で、本州、四国、九州に自生し、朝鮮にも分布します。

材質

材質はやや重厚で耐湿性・耐久性に優れています。辺材は淡い黄褐色で、心材は黄褐色、または黄赤褐色を帯びており、辺心材の境目は明瞭です。木目は美しく磨くと光沢を生じます。木理は通直なことが一般的ですが、肌目は粗く、時として「玉杢」や「如輪杢」などの美しい木目を形成します。加工性はやや悪いものの、強靭で狂いが少ない素材です。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ