仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > 屋久杉

屋久杉(ヤクスギ)

大自然の芳香と気品に満ちた色調を持つ銘木中の銘木
屋久杉は、鹿児島屋久島の標高500mを超える山地に自生しているスギ科スギ属の常緑針葉樹。本来は樹齢1000年以上経たスギでなければ「屋久杉」とは言わず、樹齢が1000年に達していないものは「小杉」と呼ばれます。
高級材として家具、衝立、建具のほか建築の天井板、欄間、工芸品などに使われ、独特の木の香りを放ち、時が経つにつれ素材の色調の味わいが深まり格調が高まります。

材質

屋久杉の心材は黄褐色から赤褐色。成長が遅くて年輪幅は狭く木目が詰っています。また、樹脂分が多くて腐りにくい特徴を持ち、抗菌・防虫効果もあるとされます。樹脂成分を多く含んでおり木質が柔らかいのも特徴のひとつ。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ