仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > 一位

一位(イチイ)

緻密で光沢のある、細かい彫刻に最適の素材
イチイ科イチイ属の常緑針葉樹。別名はアララギ。北海道や北東北の方言ではオンコと呼ばれます。一位の名前の由来は、仁徳天皇がこの木で笏をつくらせ、それで正一位を授けたので「一位」と呼ばれるようになったと言われています。日本・中国・シベリアで産出され、東京唐木仏壇の材料として使われる事が多い木材です。細かい彫刻に最適の材料とされています。

材質

樹皮は赤褐色。辺心材の境界は極めて明瞭で、辺材は淡黄白色、心材は紅褐色です。木理は通直で年輪幅は狭いのが特徴。木目は緻密で、光沢があって美しく、加工しやすい素材です。心材の耐久性は中くらいです。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ