仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > セプター

セプター

黒檀や紫檀の芯材として使われる貴重な良材
セプターはマメ科の広葉樹。マレーシア、インドネシア、フィリピン、ブルネイなどが原産です。比較的狂いが少ない貴重な素材で、特に仏壇では狂いが少ない良材として黒檀や紫檀を練り付ける芯材として重要視されています。

材質

木質は重硬で木肌がやや粗く加工が難しい木材です。辺心材の差はやや不明瞭で、心材は樹種によって色が違っており、紅色を帯びた褐色から黄褐色まで様々です。濃色の縞を有すことがあります。木目の美しいものは装飾用材や家具材、ツキ板として用いられ、その他、床柱や建具材、合板材など幅広い用途があります。濃色で重厚なものほど高いとされています。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ