仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > 栴檀

栴檀(センダン)

欅の代用品として使われる黄白色の木材
栴檀とは、センダン科センダン属の落葉高木。本州の暖地や四国、九州、南西諸島で産出されます。心材は淡黄褐色、辺材は黄白色で狭い。木目は欅に似ているため、欅の代用材として、主に建築用装飾材、家具、木魚、琵琶の胴、下駄などに用いられます。

材質

辺心材の境界は明瞭で、辺材は狭く黄白色、心材は淡い黄褐色です。年輪は明瞭。欅に似ていますが、材質はやや劣り軽軟で木肌が粗い素材です。加工性は良好で強度も高いものの、含水率と保水力が高く、乾燥がしにくい、製材すると狂いが大きいといった特徴があります。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ