仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > 山桜

山桜(ヤマザクラ)

材質、色調、加工性ともに優れ、幅広い用途に用いられる木材
バラ科サクラ属の落葉広葉樹。本州、四国、九州に自生。また、朝鮮半島にも分布しています。サクラ類には他にシウリザクラ、ウワズミザクラなど多数の種類、品種がありますが、一般的に工芸品として使われる桜は山桜です。ただし、現在では蓄積が少なくなってしまったため大部分はカバ類がとって代わり、今では一般的に桜と呼ばれている木材のほとんどはカバ材と言っていいでしょう。

材質

心材の色は赤褐色、辺材は淡黄褐色ないし黄白色、古い木になると淡青色の縞模様のような筋ができます。境界は明らかで年輪はやや不明瞭です。木質は硬く木肌は緻密で、加工性、着色性に優れています。狂いが少ない上に耐久性も良く、民芸品・家具・彫刻材・板材などに幅広く用いられます。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ