仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > パオロッサ

パオロッサ

紫檀の代用として使われる濃赤色の木肌を持った素材
パオロッサとは、マメ科ジャケツイバラ科の広葉樹。コンゴなど赤道アフリカで主に産出される木材です。パオロッサとは「赤い木」という意味であり、濃赤色の木肌を持ち、紫檀と似ていることから、紫檀の代用としても使われます。

材質

辺材は黄白色で幅は狭く、心材は赤色、橙色、紫色など多くの色が混在して複雑な縞を形成し、時間の経過とともに紫色を帯びた褐色に変色します。また、細かなさざ波模様があるのが特徴です。木質は重硬で加工は難しく、乾燥に長期間を要します。木肌はやや粗いもののが塗装仕上がりは良好。虫害や耐久性に優れています。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ