仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > オーク

オーク

虎斑模様が特徴の高級家具材の代名詞
ブナ科の落葉広葉樹。高級家具材の代名詞の様な木材で、硬くて強度を有する木材です。産地は北米・ヨーロッパなど。国産の楢材に近い木材で、ヨーロッパなどでは家具や床材、ウイスキーやワインの樽の材料などに広く使われています。

材質

木肌は中程度から粗めの堅い木材で、木目がはっきりし、特に柾目面にはそれが美しい模様として現れます。また、虎斑と呼ばれる虎の斑紋に似た模様が現れることも特徴です。

バリエーション

オークには、木材の色合いで、赤見の強い種類のものと白っぽい種類のものがあり、前者をレッドオーグ、後者をホワイトオークと呼びます。家具や仏壇として最も使われるのはレッドオーク。また、レッドオークは我が国の楢材と類します。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ