仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > ニャトウ

ニャトウ

真樺に似た比較的軽量・軟質の材
東南アジアで産出されるアカテツ科の樹木。その中で比較的軽量・軟質の樹種を総じて「ニャトウ」または、「ニヤト」「ナトー」などと呼ばれています。ニューギニア産のものはペンシルシダーとも呼ばれます。床材・家具材・額縁として使われますが、仏壇材としては唐木仏壇の心材として知られています。日本の真樺 (マカバ) に似た材質をしており、その代用材として好まれています。

材質

辺心材の境界は不明瞭で、材は淡褐色、桃色、赤褐色、濃黄褐色などで、材に色むらがあります。材質はやや軽軟なものから重硬なものまであり、木理は通直、または、浅く交錯し、肌目はややきめ細かい。接着性及び表面の仕上がりは良好です。シリカを含むものもあり、切削などの加工が困難な場合もあります。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ