仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > 桑

桑(クワ)

緻密な年輪と美しい木目が魅力の国産の貴重材
クワ科クワ属の落葉広葉樹。北海道から九州に至るまで日本各地に自生していますが、銘木として使われる材料はきわめて少なく貴重材として知られています。桑の中でも特に良材とされるのは伊豆諸島の御蔵島や三宅島で産出される「島桑」で、緻密な年輪と美しい木目のあることで知られています。江戸時代から江戸指物の材料として使われ、仏壇の材料としても使われます。

材質

辺心材の区分は極めて明瞭で、辺材は黄白色、心材は黄褐色ですが、時間の経過とともに黒味を帯びます。木肌は緻密で独特の光沢があり木理が美しいのも特徴。重厚なため加工性に難があるものの、耐朽性、保存性が高い木材です。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ