仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > 黄檗

黄檗(キハダ)

独特の光沢と美しい木目が特徴の白黄色の材
黄檗(黄肌)とは、日本・朝鮮半島・中国で産出されるミカン科の落葉広葉樹。白黄色をした木材で独特の光沢があり、木目が非常に美しいのが特徴。欅に比較的木目が似ていることから、欅の代用材として使われます。

材質

辺材は黄白色。心材は緑色を帯びた黄褐色を呈しており、辺心材の境目は明瞭。肌目はやや粗いものの木理は通直。やや重硬ながら加工性は比較的よく、表面の仕上がりも良好です。耐朽性は小~中程度ですが水湿には強い木材です。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ