仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > 栓

栓(セン)

年輪模様の美しい加工の容易な素材
栓とは、セン科セン属の落葉高木。本州の暖地や四国、九州、南西諸島で産出されます。心材は淡黄褐色、辺材は黄白色で狭い。木目は欅に似ているため、欅の代用材として、主に建築用装飾材、家具、木魚、琵琶の胴、下駄などに用いられます。

材質

栓は淡い灰黄色をした柔らかい雰囲気の木材。美しい年輪模様が特徴です。白い柾目や板目の木目がとても美しく欅に似ています。
原木は日本各地に自生していますが北海道が多く、また、樺太、朝鮮、中国にも分布しています。ウコギ科ハリギリ属の落葉広葉樹。センノキ(線木)、ハリギリ(針桐)、ヤマギリ(山桐)、ボウダラ、ツブとも呼ばれます。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ