仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > 黒檀

黒檀(コクタン)

磨きこむほどに輝きを増す緻密で重厚な逸材
黒檀は黒地に美しい縞目が浮き出た仏壇の素材としては最高級の木材です。
心材は黒色、辺材は淡い赤色や灰色で材質が非常に緻密。磨けば鏡のように光沢がでるため、古くから高級素材として珍重されてきました。
原木はカキノキ科カキノキ属の常緑広葉樹で、インドネシアのスラウェシ島を中心に東南アジア全域に生育していますが、乱伐が進んだ現在では希少な素材です。

材質

材質は非常に硬く重いため加工は困難を極めます。そのため、釘止めをすることはできません。素材としての強度が高く、虫に侵されにくく、乾燥性もよいため、半永久的な耐久性を誇る素材として、高い評価を得ています。唐木3大銘木のひとつです。

バリエーション

黒檀には、その色合いによっていくつかのバリエーションがあります。
全体が漆黒色をした「本黒檀」、青緑色を帯びた黒色の「青黒檀」、黒色と黄褐色に「斑入黒檀」などがありますが、中でも黒色と紅褐色の縞目の出た「縞黒檀」と呼ばれるものが最も高級品とされています。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ