仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > チンチャン

チンチャン(手違い紫檀)

赤褐色地に暗紫色の縞がある淡い色合いの紫檀
チンチャンとは、シタン類の一種でタイ産のものをいいます。マメ科ダルベリギア属の常緑広葉樹でローズウッドと同属の環孔性散孔材です。原産地はタイ、ミャンマーなど。赤褐色地に暗紫色の美しい縞がある素材で、本紫檀と比較すると淡い色をしています。

材質

材色はかなり変化に富んでいますが、一般に心材は紫褐色ないし赤褐色で黒又は暗紫色の縞があります。辺材は淡い黄褐色で辺心材の区別は明瞭。肌目は紫檀よりも若干粗いものの、緻密で光沢があり仕上がりは良好です。材質は重厚で耐久性に優れますが、木理は交錯し、加工が難しいという特徴があります。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ