仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > 楠

楠(クスノキ)

仏像彫刻に多用される木目の美しい材
クスノキ科の常緑広葉樹。日本・台湾・中国で産出される木材です。「楠」は南国から渡来した木を意味します。樟脳の原料となる木であり、赤褐色の心材で造られた箪笥などは衣類の保存用として最適とされています。木目が美しいことが特徴で、老木には玉杢や牡丹杢などの模様が出るものもあります。大木が取れ、また、保存性が高いので仏像彫刻に多用されます。飛鳥時代に造られた仏像の多くは楠を材料としています。

材質

辺材と心材の境界は明瞭で、辺材は灰白色から淡黄褐色、心材は紅褐色、または暗緑を帯びます。材はくすんだように見えるものの、美しい杢が出ることもあります。木肌は緻密で、耐湿・耐久性に優れ、材質が柔らかいため加工は容易。木目の美しい幅広の材料を得る事ができます。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ