仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > ブビンガ

ブビンガ

室内装飾品などによく用いられる材面の美しい素材
ブビンガとは、カメルーン、ガボンなどの赤道アフリカで産出されるマメ科の樹木です。紫檀の代用材として用いられる他、第一級の大径木であることを生かして、大型和太鼓の胴に使われるほか、ローズウッド類に似ているため、美術家具、キャビネット、室内の装飾品など、同じような用途に用いられます。

材質

辺心材の差は明瞭で、心材は赤褐色で赤ないし桃褐色の縞が現れます。辺材は淡色。木質は重硬で加工や乾燥は難しく、耐久性に優れ、特に白蟻などの虫害に強いのも特徴。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ