仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典 > 鉄刀木

鉄刀木(タガヤサン)

美しい斑模様が特徴の唐木三大銘木のひとつ
鉄刀木(たがやさん)は、紫檀・黒檀と並び、唐木三大銘木と称される価値の高い木材です。硬い木材で加工が困難ですが、耐久性が高いのでお仏壇に用いられるには最適とされています。また、木目が特徴的で、流れのある縞模様は紫檀・黒檀などの木材にはない独特の雰囲気があります。マメ科の樹木で、タイ、インド、ミャンマーなど東南アジアで産出されます。

材質

柾目材として使う時に美しい斑模様が出るのが特徴。辺心材の区分は明瞭で、心材は濃褐色から黒褐色で、黄褐色の条斑があります。辺材は白っぽい淡色で柔らかい風合いです。 木理は交錯し、肌目は粗いものの、磨くと美しい光沢を放ちます。重硬で強度は高く粘りがありますが、乾燥に狂いやすく加工は困難。耐久性は高い木材です。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ