仏壇の一流トップ > 仏壇素材としての銘木事典

仏壇素材としての銘木事典

仏壇素材としての銘木をご紹介します
お仏壇、特に唐木仏壇は、木材の材質によって大きく品質が異なります。唐木仏壇は広葉樹を用いることが多く、黒檀、紫檀、黄王檀、鉄刀木(タガヤサン)、黒柿(シャム柿)などの外国産銘木や、国産の欅(ケヤキ)、屋久杉、桑、などの銘木を使って、素材の木目の美しさを活かしたものが高級とされています。一方、金仏壇は塗装しているため、表面からでは材質がわかりませんが、檜(ヒノキ)、杉、松などの針葉樹を使うことが多いようです。

仏壇素材としての銘木一覧

いい仏壇

ページトップへ